前へ
次へ

不動産購入ではその住心地が大事になる

不動産購入してからも消費者が悩むのは購入した物件についてでしょう。不動産購入すると相談する際には、営業スタッフも自宅に訪問してくれたり、何度も電話などでやり取りしてくれます。イメージアップを図って不動産購入をさせる手口ですが、それこそ不動産購入してしまってからは、音信不通になったり、こちらから連絡しなければ音沙汰なしというケースもあります。もちろん不動産購入する際には親身に寄り添うので、内覧した際でも説明に妥協はないでしょうが、購入してからは、住心地の悪さを感じることもしばしばあります。不動産購入に関して、不動産会社は購入することを前庭に話を進めるので、済心地までは考慮しません。それがもしも、不動産投資であっても、実際に運用して感じるデメリットは確実に時が経つにつれて増えてくるので、不動産購入する場合には、説明だけでなく、経年変化などを含めて住心地を相談しましょう。優良会社ならば、似たりよったりの家庭を訪問させてくれるはずです。

Page Top