前へ
次へ

損をしてしまう可能性のある不動産購入

不動産購入でも得するより損する物件も少なからずあります。不動産購入は将来の投資でもあるでしょう。資産価値という意味で不動産購入する人もいるはずですが、購入した時よりも資産価値が低下する家もあります。不動産購入では、比較検討する必要があるというのは、リスクを低くするためです。例えば、他に似た物件というのも数限りなくあります。それなのに、早まってしまったために、相場より高い金額で購入してしまったら損でしょう。不動産購入では必ず相場を念頭に置きましょう。これまでの近隣の取引価格から試算されますが、いずれ売却する可能性があるならと考えてみましょう。自分が住んでいる間に売却せずとも、子供の代で売却するかもしれません。その場合、相場に合わせての売却値です。エリアによって相場は違いますが、不動産購入したエリアで相場が安いのに、その相場より高く購入した挙句の果て、安い金額で売却せざるを得ないとなりますから、比較検討は必要になります。

Page Top